マンカラ

マンカラとは

起源とされているアフリカを始め、ヨーロッパ、東南アジア、カリブ海諸国など世界中でプレイされている豆まきゲームです。
歴史はかなり古く、紀元前4000年前に遡るともいわれています。
バックギャモンと並んで世界最古のゲームの一つといわれており、紀元前1400年前のエジプトでも行われていた記録が残っています。
このゲームは交易や奴隷貿易で世界中に拡がり、名称はオワリ、ワリ、カラハ、アウァレ、コンカク、アチなど、国や地域によってそれぞれ異なります。
遊び方にも違いがありますが、交互に豆を捲いて相手の豆を取っていくというおおまかなルールは共通しています。
マンカラという言葉はアラビア語のnaqala(動く)から来ています

日本では昔から児童館等で楽しまれていますが、日本レクリエーション協会では2011年8月からルールや用具の開発、指導者の養成などを行っています。
特に、通常1対1でプレーするマンカラを、同時に4人まで楽しめるように開発したマンカラ・パーティーは、楽しさも倍増しマンカラの可能性を拡げています。